まつ毛ダニ 予防 退治方法

MENU

まつ毛にまつ毛ダニが!?予防する方法、退治方法はある?

 

日本人の10人に1人のまつ毛には『まつ毛ダニ』が生息していると言われています。まつ毛ダニとは、デモデスクというダニの1種です。一般的には顔ダニとも呼ばれます。

 

 

まつ毛にまつ毛ダニが!?予防する方法、退治方法はある?
デモデスク

 

デモデスクは顔の皮膚だけではなく、まつ毛に生息する場合があります。まつ毛がよく抜けるという人は、このまつ毛ダニとなったデモデスクが原因かもしれません。

 

 

 

まつ毛ダニが繁殖する環境

まつ毛にまつ毛ダニが!?予防する方法、退治方法はある?

 

目元に汚れがたまっているとまつ毛ダニはどんどん繁殖してしまいます。まつ毛ダニの大好物は酸化した皮脂や古い角質です。

 

デモデスクは時には顔の皮膚に巣まで作って、どんどん増殖していきます。増殖した数は多ければ、1人あたり400万匹にのぼると言われています。

 

女性はスキンケアをしっかり行う人が多いので、顔が皮脂などの汚れで不衛生になっているとは考えにくいと思います。

 

しかし、しっかり落としたつもりでも『メイク汚れが原因』で、まつ毛ダニが増殖してしまっていることがあります。

 

特にまつ毛はマスカラや付けまつ毛の接着剤、アイメイクなどの汚れが残りやすく、不衛生な環境が作られやすいです。

 

疲れていると、ついついメイクをしたまま寝てしまうこともあるかもしれません。でも、それはまつ毛ダニにエサを与えて育てているようなものです。怖いですね。

 

また、まつ毛ダニは就寝中に最も活動が活発になります。そのため、寝る前にはしっかりとメイクを落として、まつ毛ダニの生息・増殖を防ぎましょう。

 

 

まつ毛ダニの予防と退治する方法

 

まつ毛ダニが生息していると、まつ毛や目元の皮膚に影響が出ます。そのうちの1つの症状として、『まつ毛が頻繁に抜ける』ということがあります。

 

また、その他にも、目元の赤みやかゆみが出たり、目の粘膜に小さな水泡が現れることもあります。

 

このような症状を感じたら、まつ毛ダニが増殖しているのかもしれません。この状態を放置していると、まつ毛ダニの糞や死骸でアレルギー症状を引き起こす場合があります。

 

かゆみが出て目元をかいたり、こすったりすると、こすれて残ったダニの体の一部がアレルギーの引き金になったり、症状が悪化したりする可能性もあります。

 

まつ毛ダニはこすっても退治することはできません。まつ毛ダニの増殖を抑えるには、眼科の受診と、適切なホームケアが必要です。

 

次に、自宅でできるまつ毛ダニの退治方法をまとめました。すぐに一網打尽にする方法はありませんが、一言で言うと、『とにかく清潔を保つこと』が最善策です。

 

@メイクが残りやすいまつ毛も丁寧にクレンジング。自分のメイクに合ったクレンジング料でしっかり落とす

 

A疲れて帰宅したときは、まずクレンジングだけはしておく。メイクしたまま寝ない

 

Bアイメイクに使うブラシは定期的に新しいものに交換するか、洗浄する

 

Cアイメイクでかゆみを感じたら、違うアイメイクを使うか、アイメイクを控えめにする

 

Dかゆみや赤みなどの違和感を感じたら、目元をなるべく触らない、こすらない、圧迫しない

 

まつ毛ダニはこすっても押しても退治することはできません。毎日まつ毛の清潔を維持することが大切です。

 

上記の対策は、まだまつ毛ダニがいない場合の予防法としても有効です。清潔を保てるスキンケアを心がけるとまつ毛ダニの繁殖を防げます。

 

まつ毛を清潔にして、美まつ育に育てたいですね。

 

まつ育中の方はこちらも参考にしてみてください。

 

 

関連記事