まつ毛育毛剤 副作用 種類 対処法

MENU

まつ毛育毛剤の副作用。よくある3種類と対処法!

 

まつ毛育毛剤には怖い副作用があるという話を聞いたことはありませんか?たしかに、まつ毛育毛剤を使ったことによって引き起こされた副作用の症例はあるようです。

 

しかし、副作用に対する知識をきちんと持っていれば、まつ毛育毛剤は必要以上に怖がらなくてもいいのです。

 

今回は、まつ毛育毛剤の『副作用の種類と副作用が起きたときの対処法』についてまとめてみました。

 

 

まつ毛育毛剤の副作用の種類と対処法

炎症・充血

まつ毛育毛剤に過敏に反応して、目元が炎症を起こして腫れたり、かゆくなったり、目が充血したりします。
こちらは普通によくある副作用です。特に海外製のものは成分が強い傾向があるので、敏感な方は注意しましょう。

 

対処法

【炎症・充血】については、その症状が見られた場合は使用を一時中断するといいでしょう。

 

まつ毛育毛剤は目の粘膜のすぐ近くの敏感な場所に使用するものです。そのため、過敏な反応が起こりやすいと言えます。

 

 

色素沈着

まつ毛育毛剤の色が皮膚に沈着して残り、取れなくなってしまうものです。まつ毛育毛剤の副作用と言えば、色素沈着を連想する人も多いと思います。

 

対処法

【色素沈着】ですが、『まつ毛育毛剤の量を減らす』ことで解決できます。

 

色素沈着を起こしてしまうと、一生治らないようなイメージがありますが、多くの場合は、正しく対処すればいずれ消えます。

 

色素沈着が消えるまでの間は、メイクでカバーして見た目には気にならないようにすることも可能です。

 

 

眼圧低下・失明

まつ毛育毛剤の成分が原因で眼圧が低下してしまうことがあります。最悪の場合は失明に至ることもあると言われていますが、失明まで起こったということは今まででは報告がないようです。

 

対処法

【眼圧低下・失明】では、この副作用を引き起こす可能性のある成分を使用しないことです。

 

この副作用の原因となる成分は「ビマトプロスト」という緑内障の治療目的で使われる成分です。

 

ただし、きちんと認可(アメリカのFDA による認可)が下りている製品では、そもそも失明をするまでのケースは考えられません。

 

ビマトプロストはまつ毛の育毛にとても効果のある成分です。しかし、リスクを理解して注意して使う必要があります。使用するときは医師に相談してよく説明を受けましょう。

 

 

まとめ

 

副作用の症状だけを見ると怖くなってしまいますが、やみくもに怖がるよりも、注意すべきポイントと副作用への対処法を知っておくことが大切です。

 

どの副作用も主な原因は、医療用の効果が強い成分である【ビマトプロスト】です。それだけ副作用のリスクも高くなります。

 

炎症や充血の原因には、他にも防腐剤によって引き起こされるものもありますが、いずれにせよ『安全面を考慮したまつ毛育毛剤を選ぶ』ことが大切です。

 

肌の弱い人が気になる方は、日本人の肌に合わせて作られた日本製のまつげ育毛剤を使うのも一つです。

 

 

まつ毛育毛剤人気ランキング!


あなたのお気に入りのまつ毛育毛剤はどれですか?


思うように生えてこなかったり、付けているけど伸びない!という場合には、まつ毛育毛剤選びが間違っているかも。
当サイトのおすすめランキングも是非参考にしてみてくださいね。