まつ毛育毛剤 妊娠中・産後 おすすめ

MENU

まつ毛育毛剤は妊娠中・産後も使用OK?おすすめ商品も

まつ毛育毛剤は妊娠中・産後も使用OK?おすすめ商品も

 

妊娠・出産・授乳の間は、赤ちゃんを育てるために女性のからだは目まぐるしく変化しています。

 

この時期はホルモンバランスの変化や不規則な生活リズム、睡眠不足、ストレスなどで、肌や毛髪がダメージを受けやすくなっています。

 

産後に大量の抜け毛を経験する人も多いですが、まつ毛が薄くなったり抜けやすくなったりする場合もあるようです。

 

こんなときには、まつ毛育毛剤でまつ毛をケアして育毛するのがベストですが、まつ毛育毛剤は妊娠中や授乳中でも使えるのでしょうか?

 

今回は、『まつ毛育毛剤を使っても赤ちゃんに影響はないのか』についてまとめてみました。

 

 

妊娠・授乳中にまつ毛育毛剤は使える?

結論から言うと、使っても大丈夫です。まつ毛育毛剤は直接体内に摂取するものではなく、使用量も微量なので吸収される成分はわずかで赤ちゃんへの影響はないです。

 

ただし、ビマトプロストが配合されたまつ毛育毛剤は副作用のリスクが比較的高いので、妊娠・授乳中は念の為使用を避けたほうがよいでしょう。

 

ビマトプロストが含まれていないものでも、皮膚が通常よりもデリケートな状態になっている時期なので、万が一、違和感を感じたらすぐに使用を中止して様子を見てください。

 

もし肌にひどい副作用が現れた場合、病院での受診と治療が必要となるかもしれません。その際は、治療薬を使用する可能性があります。

 

医師から処方される薬は妊娠中や授乳中などの状況を考慮し、赤ちゃんにとって安全なものが処方されます。

 

しかし、絶対何の影響もないとは言い切れません。まつ毛育毛剤は赤ちゃんへの影響がないとはいえ、この点については考えておくほうがよいでしょう。

 

・妊娠中は肌がデリケートな時期である

 

・妊娠中、そうでないに限らず副作用はわずかながら可能性はある

 

・万が一、副作用が出て治療が必要な場合は治療のリスクがゼロではない

 

このあたりに注意していれば、ほとんどのまつ毛育毛剤は妊婦さんや授乳中のママも使って大丈夫です。

 

ただし、普段は問題なく使っている化粧品でも急に肌が荒れたり、アレルギー反応が出たりしやすい期間です。

 

配合成分などを公式ページやパッケージで確認したり、品質の検査や管理体制など安全性の意識が高いまつ毛育毛剤を選ぶとさらに安心できますね。

 

安全度の高さでは「○種類無添加」という売り文句も参考の一つになります。

 

まつ毛育毛剤人気ランキングでは○○無添加というまつ毛育毛剤を多く載せていますので参考にしてみてください。

 

また、「まつ毛育毛剤を使いたいけど、『もし万が一』が心配!」という場合は、医師に一度相談してみるのもいいでしょう。