まつ毛美容液 敏感肌

MENU

敏感肌にまつ毛育毛剤を使うには?注意したい成分と使い方のポイント

 

一昔前まではまつ毛を増やす方法は付けまつげが主流でした。しかし、ナチュラルメイクが流行している今、自然だけどフサフサの長いまつ毛が求められています。

 

そこで、最近はまつ毛育毛剤で自分のまつ毛を育てることが、多くの女性の間に広がってきています。

 

付けまつげのような不自然さもなく、マツエクのような費用や時間もかからないというところが、まつ毛育毛剤の魅力です。

 

ところが、まつ毛育毛剤はまつ育効果だけではなく、副作用の話もよく聞きます。また、使う場所が目元という敏感な部分なので、ますます副作用が心配になってしまいます。

 

敏感肌の人は普通肌の人よりアレルギー反応などが起こりやすく、まつ毛育毛剤を使っても大丈夫なのか、心配も倍増してしまいます。

 

そこで、今回は『敏感肌の人がまつ毛育毛剤を使うときのポイント』についてまとめてみました。

 

 

敏感肌にまつ毛育毛剤を使うポイント

 

まつ毛育毛剤に限らず、敏感肌の人は副作用やアレルギー反応が起こりやすいので、化粧品には注意深くなる必要があります。

 

敏感肌だからどのまつ毛育毛剤も使ってはいけないというわけではありません。特に敏感な目元に使うものなので、安全性に配慮された商品が多いです。

 

以下のようなポイントに注意しながら、自分の肌に合ったまつ毛育毛剤を探してみましょう。

 

 

まつ毛育毛剤の成分

 

配合されている成分は、まつ毛育毛剤の本体や箱に明記されています。どのような成分が入っているのかしっかりと確認しましょう。

 

敏感肌の人は、『エタノール・パラベン・香料・石油系界面活性剤』などが含まれいない安全性への意識が高いものを選ぶとよいでしょう。

 

ちなみに「無添加」という言葉にはとても微妙な意味があり、○○は無添加だけど○○はきっちり添加物として入っているという化粧品も多くあります。特に自分の苦手な成分が分かっている場合はその成分に気をつけましょう。

 

安全度の高さでは「○種類無添加」という売り文句も参考の一つになります。私が知っている限りでは、多くて19種類の無添加というまつ毛育毛剤があります。

 

まつ毛育毛剤人気ランキングでは無添加のまつ毛育毛剤を多く載せていますので参考にしてみてください。

 

 

敏感肌への使い方

使う量は少なめに

赤みやかゆみなどの副作用は成分も要因となりますが、使う量も重要です。なるべく抗体が反応しないように少なめの量で様子を見ながら使用しましょう。

 

 

使うペースを調整する

まつ毛育毛剤は毎日1〜2回使うものが多いですが、敏感肌の人は使う間隔を広げてペースを調整しましょう。

 

育毛効果も大事ですが、まずは、肌が過敏な反応を起こさないように、使う頻度は少なめから始めるのがおすすめです。

 

 

まとめ

「敏感肌だから」とまつ毛育毛剤を諦めていた人も、成分に注意して使う量とペースを調整しながら、使ってみてはいかがでしょうか。

 

ただし、少量でも副作用や違和感があらわれたときは、すぐに使用を中止しましょう。必要があれば医師に相談することも大事です。

 

 

まつ毛育毛剤人気ランキング!


あなたのお気に入りのまつ毛育毛剤はどれですか?


思うように生えてこなかったり、付けているけど伸びない!という場合には、まつ毛育毛剤選びが間違っているかも。
当サイトのおすすめランキングも是非参考にしてみてくださいね。