まつ毛が抜けないマスカラの落とし方

MENU

まつ毛が抜けないマスカラの落とし方とクレンジングの選び方

 

マスカラをクレンジングで落としていると、マスカラと一緒にまつ毛まで抜けてしまうことはありませんか?

 

まつ毛は抜けても通常ならまた生えてきます。まつ毛も毛髪と同じように毛の生え変わる周期(ヘアサイクル)を持ち、伸びたり抜けたりを繰り返しているからです。(⇒まつ毛の発毛周期はどれくらい?

 

まつ毛への負荷を与えるようなことは何もしていなくても、まつ毛が生え変わるために抜けるというのは自然なことです。

 

しかし、クレンジングの方法によっては、まだ抜けるべきではないまつ毛まで、切れたり抜けたりしてしまうことがあります。

 

クレンジングをしていてまつ毛が抜けていることが多かったり、自分のまつ毛がだんだん弱ってきていると感じたら、要注意です。

 

今回は、まつ毛へダメージを最小限に抑えるマスカラのクレンジング方法についてまとめてみました。

 

 

マスカラのタイプに合わせたクレンジングを選ぼう

 

クレンジングによるまつ毛へのダメージを抑えるには、自分が使っているマスカラのタイプによって、クレンジングを変える必要があります。

 

 

フィルムタイプの場合

フィルムタイプのマスカラは、耐水性はありますが、お湯で簡単に落ちるという話題のマスカラです。

 

フィルムタイプの場合、クレンジングは水を主成分としたものを選びましょう。このようなクレンジングは、刺激が少なく、肌やまつ毛に優しくマスカラを落とすことができます。

 

もっと言えば、クレンジング自体が必要ない場合もあります。しっかりとマスカラが落ちているなら、洗顔料のみでもOKです。

 

フィルムタイプてはないけれど、特に「ウォータープルーフ」などと書かれていないマスカラは、クレンジングやリムーバーを使ったほうがよいでしょう。

 

優しい成分で洗うことでダメージが最低限に抑えられます。優しく洗いつつも、きちんとマスカラが落ちているかどうかは必ずや確認しましょう。

 

マスカラが残っていては、逆にまつ毛にダメージを与えることになってしまうので、メイクの落とし残しには要注意です。

 

 

ウォータープルーフの場合

ウォータープルーフのマスカラは汗や水に強く、落ちにくいのが特徴です。メイク崩れしにくいので、ウォータープルーフタイプは安定した人気があります。

 

ウォータープルーフタイプのマスカラを落とすときは、オイルタイプのポイントリムーバーや、オイルタイプのクレンジングを使いましょう

 

クレンジングに配合されている成分だけで言えば、オイルよりも水のタイプのほうがダメージが少ないです。

 

ですが、ウォータープルーフは水が主成分のクレンジングではなかなか落ちないため、ゴシゴシとこすってまつ毛に余分な負荷をかけてしまう可能性があります。

 

また、マスカラが落としきれずに残ってしまうことも考えられます。マスカラが残っていると、まつ毛はメイクでフタをされている状態が続き、まつ毛に負担がかかります。

 

そのため、落ちにくいマスカラはオイル入りのしっかり落とせるタイプこクレンジングで、なるべくこすらずにオフしましょう。

 

 

まつ毛への負担を減らせるクレンジング方法

おすすめのクレンジング方法は、コットンと綿棒を使ったクレンジングです。最初は少し面倒かもしれませんが、慣れれば簡単です。

 

用意するものは、コットン4枚と綿棒2本です。コットンと綿棒には、ポイントリムーバー(またはクレンジング)を含ませておきましょう。

 

1枚のコットンを下まつ毛の下側にセットします。次に、目を閉じて、上のまつ毛の上からもう1枚コットンを重ねます。

 

上・下両方のまつ毛をコットンでサンドした状態になっているので、そのままキープしてマスカラをふやかします。

 

次に、下まつ毛側のコットンだけ残して、綿棒をまつ毛の生え際から動かしてマスカラを落としていきます。もう片方のまつ毛も同じように行います。

 

マスカラをふやかしているので落ちやすいので、綿棒をくるくる動かすだけでだいたい落ちます。

 

もし、落ちにくいときは綿棒を小刻みに左右に動かしてもいいです。ただし、こすらないように優しく動かしてください。

 

顔全体用のクレンジングでもOKですが、目元用のポイントリムーバーのほうがおすすめです。

 

ポイントリムーバーを使えば、落ちやすいので、時短にもなり、まつ毛へのダメージをより軽減できます。

 

 

まつ毛に負担の少ないマスカラは?

クレンジングの手間や負荷を考えると、落ちやすいフィルムタイプなどのウォータープルーフではないマスカラのほうが、まつ毛へのダメージは少なくなります。

 

しかし、落ちやすいマスカラはにじんでパンダ目になりがちです。にじみやすいタイプでは、メイク直しの手間や時間が必要ですね。

 

そのため、特に汗をかく季節やアウトドアのレジャーなどには、にじみにくいウォータープルーフのマスカラを使う機会が多くなると思います。

 

まつ毛はデリケートなので、クレンジングのダメージには注意が必要です。ウォータープルーフの場合は特に、マスカラは注意深く丁寧に落としましょう。

 

まつ毛にとってもお肌にとっても一番良くないのは、メイクを落としきれていない状態です。

 

クレンジングはこすらないようにしてダメージを抑えるのがポイントですが、マスカラがきちんと落ちているかどうかもよく確認しましょう。

 

 

関連記事