ルミガン ケアプロスト 違い

MENU

【双方比較】ルミガンとケアプロストって違いはあるの?どう選べばいい?

 

まつ毛育毛剤を使ってみたい、と思った時に気になるのがそれぞれの違いですよね。

 

やたらと種類が多いのに、まつ毛育毛剤の中でも医薬品のものはほとんど成分に差がないように見えます。

 

それもそのはずで、ジェネリック医薬品と元の医薬品という関係なので、成分には大きな差はないんです。

 

では、どこに注目してどれを選べばいいのかということについてまとめてみたいと思います。

 

 

紹介している製品の一覧と比較

製品画像 品名 内容量(ml) 値段(変動します) 販売元 備考
ルミガン 1900円 Allergan(アラガン) 緑内障用の目薬、厚生労働省が認可
ケアプロスト 1151円 サンファーマ ルミガンのジェネリック
ビマトアイドロップス 1742円 アジャンタ・ファーマ ルミガンのジェネリック
ラティース(ラティッセ) 11200円 Allergan(アラガン) 世界で初めてFDAが認可。日本は許可なし
グラッシュビスタ 13000円 Allergan(アラガン) 日本で唯一認可。ラティースと同じ。処方のみ入手可能
モデルアイズ・モデラッシュ 1602円 Samson Pharmaceutical Inc. ラティースのジェネリック

 

 

ルミガン…緑内障や高眼圧症の方に

 

まつ毛育毛剤として使われることもありますが、基本的にルミガンは緑内障の方に処方される医薬品です。まつ毛がのびるのはあくまでも副作用のひとつです。

 

そのため、緑内障用として厚生労働省に認可されているだけなのでまつ毛育毛剤として使うのは不安な人もいるかもしれません。

 

ルミガンの正式名称はルミガンソリューションといいます。

 

ルミガン 3ml

 

 

ケアプロスト…ジェネリック医薬品

 

ケアプロストはジェネリック医薬品で、販売元はSun Pharmaceutical Industries(サンファーマ)というインドの製薬会社で、ジェネリック医薬品のため安価です。

 

ただ、必ずルミガンと同じ効果が得られるとは言い切れないです。

 

ケアプロスト 3ml

 

 

ビマトアイドロップス…ジェネリック医薬品

 

ケアプロストと同じく、ルミガンのジェネリック品で、販売元はAjanta Pharma Limited(アジャンタ・ファーマ社)というインドの製薬会社です。

 

基本的にルミガン、ケアプロスト、ビマトアイドロップスまつ毛の育毛が目的の医薬品ではありません

 

ビマトアイドロップス 3ml

 

 

ラティース(ラティッセ)…まつ毛育毛剤

 

ラティースはまつ毛育毛剤として作られたものです。販売元はアラガン社なので、ルミガンと同じで成分も変わったところはありません。

 

しかし、まつ毛に塗りやすいように60本のアプリケーターが付いていて、まつ毛の育毛に使うならこちらの方が便利です。

 

また、毛育毛剤としてFDAの認可を受けたのはラティースが初なのですが、日本では認可されておらず、個人輸入をするしかありません

 

ただ、取り扱い停止としている個人輸入代行店が多く、手に入れるのは大変かもしれません。

 

 

グラッシュビスタ

 

販売元も成分もラティースと同じなんですが、容量とアプリケーターは変わっています。

 

ラティースの容量が3mlでアプリケーターが60本だったのに対し、グラッシュビスタは容量が5ml、アプリケーターは140本です。

 

また、日本が認可しているので、もし何か問題があったときっは救済給付を受けることができるので、医薬品を使うことに不安があるならグラッシュビスタがおすすめです。

 

問題があったときは医薬品副作用被害救済制度を利用しましょう。

 

認可を受けているので入手も簡単なので、ラティースよりもおすすめです。

 

グラッシュビスタであれば日本の病院で処方してもらえるので、もし問題があったときは処方してもらった病院ですぐに診てもらいましょう

 

ただ、日本の病院で処方してもらうということは診察料がかかるということなので、トータルでかかる費用は高いです。個人輸入に比べると高くなってしまう可能性が高いですね。

 

アプリケーターがたくさんついていたり、容量も多いので、まつ毛育毛剤単体で見ると安いんですが、この点が残念です。

 

 

モデルアイズ・モデラッシュ…ラティースのジェネリック医薬品

 

モデルアイズ・モデラッシュはアメリカのSamson Pharmaceutical Inc.から販売されているラティースのジェネリック医薬品で、価格はかなり安くなっています。

 

そのため、輸入代行店のオオサカ堂で人気です。

 

モデルアイズ・モデラッシュ

 

 

結局どのまつ毛育毛剤を選べばいいの?

 

医薬品のまつ毛育毛剤を選ぶときに考えるポイントは2つです。

 

安全面を優先するのか、値段を優先するのか、です。

 

日本で認可を受けているグラッシュビスタであれば、もし副作用が出てしまった時に救済給付をもらうことができますし、そもそも認可を受けているので安心ですね。

 

しかし、価格はそれなりにするので、値段重視の人にはおすすめできません。値段を重視するならモデルアイズ・モデラッシュがおすすめです。ジェネリック医薬品なのでかなり安いです。

 

これらはアプリケーターも付属しているので、いちいち購入しなくて大丈夫です。

 

ジェネリック医薬品ってどうなの?と思っている人がいるかもしれませんが、個人的には気にしなくても問題ないと思います。

 

成分はほとんど同じですし、有害な物質が入っているというわけでもありません。

 

先行医薬品と添加物が違う、というのが唯一の違いです。

 

確かに添加物が違うので必ず同じ効果が得られるとは言えないかもしれませんが、主要な成分は変わらず値段は安めなのでメリットの方が大きいと思います。

 

実際私が使ってみた感じでもジェネリックが劣っているとは思いませんでした。

 

口コミでの評価も高いので、ジェネリックをわざわざ避ける必要はないと思います。

 

 

どこで購入するのがおすすめ?

では、こういった海外の医薬品はどうやって購入すればいいんでしょうか。

 

楽天やAmazonなどの通販サイトでも医薬品は取り扱っていないですよね。そのため、個人輸入する必要があります

 

個人輸入といっても実際に海外に行く必要はなく、個人輸入代行店を使って通販とそこまで変わらない方法で購入することができるので、敷居は高くないです。

 

オオサカ堂やオランダ屋は最安値保証があるので、少しでもお得に購入したいという人にはぴったりだと思います。

 

オオサカ堂やオランダより安い輸入代行店を見つけたら問い合わせると安くなるというものなので、時々ほかの輸入代行店をのぞいてみると確実に最安値で購入することができます。

 

 

副作用が出ないとは限らない

 

医薬品は厳しい審査を受けているはずですし、製造過程でも衛生管理は徹底されているはずです。

 

しかし、どうしても効果や副作用の出方には個人差があるため、必ず問題が起きないとは言い切れません

 

医薬品な分、副作用が大きく出てしまう可能性もあるので、効果が高い分リスクが大きいですね。

 

もし医薬品を使うことに抵抗があるなら、医薬品ではないまつ毛育毛剤もおすすめです。

 

医薬品じゃないから効果が出るのか不安、と思うかもしれませんが、日本人の肌に合わせて作られているうえに、成分もしっかりこだわられています。

 

効果が出るまでの時間も医薬品と大きな差はなく、2か月程度使った人の多くは効果を実感しています。

 

医薬品に比べると非常に値段も安いので、もし自分に合わなかった場合でも損は少なく済みます。

 

医薬品ではないまつ毛育毛剤を使ってみたい、という人はおすすめを紹介しているページがあるので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

まつ毛育毛剤 人気ランキング!はこちらから